TEL LINE

四十肩・五十肩

しろくま整骨院で四十肩・五十肩を改善!
四十肩・五十肩

「四十肩」「五十肩」は医学的には「肩関節周囲炎」と呼ばれる病気で、一般的には発症する年齢が違うだけで、どちらも同じ病気です。

髪を整えたり、シャツを着る時に痛くて肩が上げられない、突然肩周辺に強い痛みを感じるといった症状が現れたら、それは「四十肩」「五十肩」が発症したサインかもしれません。
中高年になったら多くの人に発症する可能性があり、「時間がたてば自然に治るだろう」と早く治すことを諦めていらっしゃる方も多いかもしれません。しかし、しっかりとした治療を受けることで痛みの期間を短くして早期の回復、肩が動かしにくいなどの後遺症状を予防することができます。

発症する症状によって病気の進み具合を分けると、なんの前触れもなく突然するどい痛みが発生する「急性期」と、鈍い痛みに変わり、肩の動きが制限される「慢性期」とがあります。
「急性期」では突然片側の肩周辺に、指先まで痺れるような激しい痛みが数日間~数週間続きます。
その後「慢性期」に入ると、肩が動かしづらい日が続き、痛みは鋭い痛みから鈍い痛みに変わります。
一般的には数週間から半年、長くても1年半ほどで自然に痛みが軽くなり、肩が楽に動かせるようになりますが、肩関節の動く範囲が狭くなって治ることが多いです。

四十肩・五十肩の発生原因は、加齢に伴い肩の関節や筋肉、肩周辺組織に固くなったり縮むなどの変化が起こることで炎症や痛みを引き起こすと考えられています。
また、これらの直接的要因に加えて、普段の生活習慣やストレス、ホルモンバランスの変化といった間接的要因が重なることでも発症のきっかけになるとも言われています。

四十肩・五十肩は、四十代以降の人に発症しやすいという共通点があります。両方の病気とも共通の原因により、共通の症状を示す病気で、男女差、運動習慣のあるなしなどに差がありません。また、左右の発生率についても違いがなく、利き腕だから発症しやすいということもありません。

痛みが強い急性期で重要なのは、安静にすることです。痛みが起こるような動きをしないように気をつけてください。この時期に無理をして肩を動かすと症状は悪化するばかりです。できれば重い物を持つことも控えましょう。
急性期のするどい痛みは、やがてにぶい痛みに変わり1~2か月ほどで慢性期にはいっていきます。慢性期になると、痛みはだいぶ治まってきます。しかし、急性期に起きた炎症の影響により、筋肉は収縮して硬くなっています。そのため、関節を動かせる範囲が狭まり、腕を動かしにくくなる時期が慢性期なのです。とくに、腕を上げる動きや後ろに回す動作ができなくなります。着替えや洗髪がうまくできないなど、日常生活の動作に支障をきたすようになります。慢性期にはいったら、肩の関節を適度に動かすようにしましょう。
このように、急性期と慢性期の症状は大きく異なるものです。治療も、症状が急速に進行する急性期と、症状が治まってくる慢性期にあわせて行っていきます。

しろくま整骨院独自のWEバランス矯正法では、骨格のゆがみと筋肉の緊張を矯正し、同時に神経の機能を調整するので、痛みやつらさ、体の不調を早期に回復させ、根本的な改善、根本治療ができます。

大田区 矢口 武蔵新田駅のしろくま整骨院は、東急多摩川線沿いのアクセスの便利な場所に位置しています。まずは、ぜひお気軽にご相談のお電話をどうぞ!

当院へのアクセス情報

しろくま整骨院

所在地〒146-0093 東京都大田区矢口 1-6-18 丸源ビル102
電話番号03-6715-2464
駐車場なし(近くにパーキング有1時間100円)
休診日日曜・祝日
院長永峯 武雄