TEL LINE

ストレートネック

ストレートネックとは
ストレートネック
ストレートネックとは…
頚椎の生理的前弯角度30度以下の首の状態をいいます。

正常な人の首の前湾角度は30~40度です。

慢性的な頭痛・首の痛み・肩こりに悩む人の多くはこの角度が少なく、病院でレントゲンやMRIを撮ると「正常よりも首がまっすぐですね」という説明を受けます。
頚椎は少し前にカーブしているのが正常ですが、何らかの原因により生理的なカーブが崩れ、まっすぐになってしまった状態をストレートネックといいます。
重い頭を細い首で支えるには、適度なカーブにより重心をとらえる必要があります。頚椎のカーブは、衝撃を吸収する役割もあり、とても大切なのです。
そのカーブが崩れてしまうと、頭を首や肩の筋肉だけで支えることになり、慢性的な肩こり・首のハリが起こり、様々な症状が現れます。

主な原因
ストレートネックは、パソコン、スマホ、ゲームの普及による座っている時の悪い姿勢と、運動不足による筋肉の衰えが大きく関係していると考えられます。
パソコン作業などは、画面を見るために顔を前に突き出した姿勢を長く続けることになり、頚椎に大きな負担がかかります。
また、その姿勢が習慣化して体の偏りがクセになってしまいます。
ストレートネックは猫背と同時に現れることが多く、ストレートネックの人はほとんどが猫背の状態となっています。
ストレートネックは、頭の重心が前にずれているために、首や肩の筋肉で重い頭を支えなくてはなりません。そのために、肩こりや首のハリが慢性化し、頭痛、めまい、耳鳴り、不眠症、自律神経失調症などの症状を引き起こします。
デスクワークをする女性に多かったのですが、最近では、男性も、子供もストレートネックの方が多くなっています。
ストレートネック
上の図をご覧ください。
緑のラインが頚椎のカーブ、赤のラインが重心線です。
左の頚椎は正常なカーブを描き、頭部は頚椎でしっかり支えられています。
右のストレートネックを見るとカーブは失われ、頭は頚椎より前に来ています。
ストレートネックの場合、頭部や重心線が背骨より前に来てしまう為に、重い頭(約4~5kg)を首や肩の筋肉で支えなければなりません。
そのため、慢性的に首や肩に負担が掛かり、それらの筋肉の緊張から、頭痛や寝違えなどの症状を引き起こします。
頚椎は脊柱の一部なので首だけではなく、全身の生理的S字カーブが崩れた結果、首のカーブも崩れてしまうのです。
ストレートネックの症状
●頭痛がする ●肩がこる ●首が痛い ●首が動かない ●上が向きにくい ●頚椎症 ●椎間板症
●寝違いを繰り返す ●手のしびれがある ●めまい、ふらつき感がある ●吐き気がする
●自律神経失調症 ●うつ症状
スマホ頚
最近ではスマホの普及によりスマートフォンの使い過ぎによるストレートネックが増えてきています。
ストレートネック

当院へのアクセス情報

しろくま整骨院

所在地〒146-0093 東京都大田区矢口 1-6-18 丸源ビル102
電話番号03-6715-2464
駐車場なし(近くにパーキング有1時間100円)
休診日日曜・祝日
院長永峯 武雄